ぷっくり立体的なフォルムが可愛い!球体モールドひとつで作るレジンのレモンピアス

梅雨に入り、じめじめ蒸し蒸しする季節が始まりました。お天気が悪いと気持ちも落ちてしまいますよね。そんな時は身につけるアクセサリーで気分を上げましょう!クリアなイエローが爽やかな、立体レモンのレジンのアクセサリーレシピをご紹介します。

先の尖った特徴的なあの形を作るのに、わざわざレモンのモールドを探す必要はありません。レジンをされる方ならすでにお持ちの、一般的な球体のモールドからスタートできるんです。最初にまん丸の玉を作り、そこからアレンジしてレモンのチャームを作る方法です。

初夏にぴったりのレモンのレジンのピアスの作り方です。

レジン

目次

  1. 1.材料と道具
  2. 2.作り方
  3. 3.まとめ

1.材料と道具

レジン液

着色剤

球体モールド

調色スティック

調色パレット

レジンクリーナー

UV・LEDライト

エンボスヒーター

ピンバイス

ヒートン

ピアスパーツ・丸カン

やっとこ

葉っぱ パーツ

爪楊枝

2.作り方

着色用に調色パレット(または適当なモールド)を2つ用意し、マスキングテープでホコリをとります。

マガジン画像

作家のためのレジンを使います。さらさらとしたテクスチャーのレジン液です。

マガジン画像

レジン液をそれぞれの調色パレットまたは適当なモールドに流し入れます。レモンを2つ作るので左側にはこれくらいの量を入れていますが、1つの場合は半分くらいの量に調整します。右側のモールドには、葉っぱ用のレジン液を少量入れています。

マガジン画像

それぞれに黄色と緑の着色剤を入れます。

マガジン画像

調色スティックなどでよく混ぜます。

マガジン画像

エンボスヒーターで気泡を抜きます。気泡がある程度抜けたら、一旦横に置いて冷まします。

マガジン画像

球体モールドを使います。ここでは直径12mmのものを使っていますが、サイズは用途やお好みでご自由に選べます。マスキングテープでホコリを取っておきましょう。

マガジン画像

球体モールドに冷ましたレジン液を注ぎます。サラサラタイプだと注ぎやすいですが、その分溢れやすいので注意しましょう。

マガジン画像

穴の部分が少し凹むくらい、控えめな量でOKです。

マガジン画像

90秒硬化します。

マガジン画像

表裏の両面からしっかり硬化します。

マガジン画像

完全に硬化させた後、少し冷ましてから取り出します。レジンクリーナーを使うとモールドを傷めずに取り出せますが、これはなければ省略してもかまいません。

マガジン画像

レジンクリーナーを使用する場合は、筆でアプリケーションします。筆に取って染み込ませ、モールドとの間にクリーナーを入れます。

マガジン画像

モールドから外します。キレイな球体ができました。

マガジン画像

Tピンを接着します。これはやっとこで挟んで作業しやすくするための支えの目的で付けるもので、途中で外します。ですので長さは何mmでもOKです。Tピンの先に着色したレジンを少量付け、少し凹んでいるところに添えた状態で60秒硬化します。

マガジン画像

Tピンを接着したらワイヤーを平やっとこで挟み…

マガジン画像

持ち手を輪ゴムで固定します。

マガジン画像

小型のライトを上に向けて置きます。

マガジン画像

着色したレジン液に球体を3分の1くらいの高さまで浸します。

マガジン画像

このまますぐに45秒ほど硬化します。レジンが垂れている状態で硬化することにより、丁度いい具合にレモンのように先を尖らせることができるわけです。やっとこが傾かないよう横から見て確認すると、垂直に形成できます。

マガジン画像

硬化が遅いレジンだと垂れすぎてしまいます。この作品にはあまり硬化に時間がかからないレジン液が向いています。

レモンの先のように尖った状態になるまで、レジン液につける、垂直に硬化する、の作業を繰り返します。

マガジン画像

追加で3回、合計4回繰り返したら、こんな感じに先が尖りました。

マガジン画像

平やっとこを外し、レモンからTピンを外します。

マガジン画像

ピンバイスを使って尖らせた側の先端に穴を開けます。

マガジン画像

穴を開けたらヒートンを付けます。着色したレジン液をヒートンの先につけ、穴にヒートンを刺し、60秒硬化します。

マガジン画像

ヒートンがしっかり付いていることを確認したら、平やっとこで挟んで、持ち手を輪ゴムで固定します。

マガジン画像

Tピンを付けていた凹んでいる部分を着色したレジンで埋めます。気泡が入らないように丁寧に少しずつ塗るようにレジンを乗せ、60秒硬化します。

マガジン画像

硬化できていることを確認したら、球体の反対側の先も同様に尖らせます。

マガジン画像

黄色のレジン液に球体の3分の1ほどの高さまで浸し、液が垂れた状態で硬化。これを繰り返してレモンの形に近づけます。

マガジン画像

かなりレモンらしい形になりました。

マガジン画像

平やっとこを一度外し、ヒートンを挟み直します。

マガジン画像

コーティングにも作家のためのレジンを使います。

マガジン画像

作家のためのレジンはサラサラタイプなので、エンボスヒーターで温めなくてもコーティングが付き過ぎる心配がありません。他のレジンをコーティングに使う場合は、エンボスヒーターで温めてから使うと付き過ぎと塗りムラの防止になります。

マガジン画像

全体をコーティングします。

マガジン画像

余分なレジンはしっかり落とし、全体に満遍なくレジンが行き渡るようにくるくると回してからそのまま90秒ほど硬化します。

マガジン画像

硬化が終わったら、次は置いた状態で裏と表それぞれ60秒ずつ硬化します。

マガジン画像

キレイにコーティングができました。

マガジン画像

メタルパーツを使ってレモンの葉っぱを作ります。

マガジン画像

マスキングテープに葉っぱの片面を貼り付けます。

マガジン画像

葉っぱに緑に着色したレジン液を塗ります。ここでのポイントは、葉っぱ全体を一気に塗らないこと。中央の葉脈を軸として左右に分けた片側ずつ、順番にレジン液を塗って硬化して仕上げます。そうしないといずれかの面にレジンが偏ってしまったり、また、パーツに角度がついているため中央にレジン液が溜まってしまう可能性もあります。

マガジン画像

中央の葉脈で区画した左右のいずれかの側に均一にレジン液を塗り、60秒硬化します。

マガジン画像

硬化できていることを確認したら、反対側にもレジン液を塗って硬化します。

マガジン画像

いい感じの色になりました。足りなければ追加で硬化し、葉っぱを完成させます。

マガジン画像

レモンの実と葉を合わせます。複雑な組み合わせは特になし!まとめて丸カンに通せば(丸カンの開き方と閉じ方はこちら)完成です。

マガジン画像

できました。いかがでしょうか。ぷっくりとした形が可愛い立体的なレモンになりました。葉っぱも少し大きめのものを使うとバランスよく仕上がります。

マガジン画像 マガジン画像

3.まとめ

ぷっくり立体的な形に仕上がるレジンのレモンの作り方をご紹介いたしました。レモンの特徴的な形を表現するのに、専門のモールドは要りません。球体モールドで作ったまん丸の玉を加工することで、先の尖った可愛らしい形に変身させることができるのです。

球体からスタートするので、サイズは自由自在に選べます。ここでは直径12mmのものを使用しましたが、より小さいレモンを作って複数繋げても、またはうんと大きい球体をアレンジして大ぶりのレモン作りにチャレンジしても、どちらでも良いでしょう。

いちご(作り方はこちら)の先を尖らせたのと同じ方法で、出来上がった球体を部分的にレジンにディップして重力で液が垂れることを想定したレシピです。よりシメトリックなフォルムに整えるには、液を付けたら垂直に保って硬化する必要があります。平やっとこで支えのワイヤーを挟み、真横から見て確認しながら硬化すると上手くいきます。

ここでは作家のためのレジンを使用しています。透明度が大変高く、着色剤の発色が良いのが特徴のひとつです。爽やかなレモンカラーを思い通りに表現するのにもってこいのレジン液と言えるでしょう。

また、作家のためのレジンはサラサラとしたテクスチャーなので、モールドに流しやすいだけでなくコーティングにも最適です。粘度の高いレジン液をコーティングとして使用する場合はエンボスヒーターで温めないと付け過ぎや塗りムラの原因となってしまいますが、作家のためのレジンならばその必要がなく、手間が省けます。

レモンの葉っぱにはメタルパーツを使いました。着色したレジンを塗ってゴールドがうっすら見える美しいグリーン仕立てに。レジンを塗る作業は一気にせず、中央の葉脈を軸に左右に分けた片側ずつ硬化まで済ませてから次の側に移ります。片側ずつ仕上げることで、液の偏りや溝に溜まるのを防ぐことができます。

爽やかな夏の装いに合わせたいレモンのアクセサリー。レジンでの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したアイテム

レジンの関連する記事

crocchaの作品 作品が完成したらハンドメイドを教えあうアプリ、croccha(クロッチャ)に作品を投稿してみましょう!

  • crocchaの作品画像

    #キーホルダー
    百均でシャカシャカモールドを買ったのですが、ずっと忘れていたので
    思い出した今こそ作ろうと思い作りました(笑)
    初めてシャカシャカを作ったので少し中に入れるものが多すぎたかもです…
    でも青と緑の色合いは結構うまくいったので気に入ってます!

  • crocchaの作品画像

    クリアなお花のオーロラアクセ🌼*・

    #アクセサリー部 #ピアス #イヤリング #UVレジン #クリア #フラワー #たなかさんち #YouTube

  • crocchaの作品画像

    #アクセサリー部 #リング  「作家のためのレジン高粘度」でぷっくり盛りするのが楽しくて止まらない😆スクエアなのにコロンとした形に仕上がり可愛い😍さすがに気泡が入ってしまったけど、可愛いのでリングにしてみました。

  • crocchaの作品画像

    白の押し花とパールで大人可愛いピンキーリング作りました。
    ラメを沢山入れたので、キラキラして綺麗です。

    #リング

  • crocchaの作品画像

    夜の海のたまご。
    空を飛ぶように泳ぐウミガメがポイントです。
    #海の作品コンテスト2022

  • crocchaの作品画像

    恐れながら、マガジンにレジンチャームのレシピを載せていただきました!
    布を封入して作るお名前チャームです🙆

    ご覧いただけたら幸いです😊

    布きれを閉じ込めて作るレジンのお名前入りチャーム https://web.croccha.com/magazines/fabric_resin_charm

    #チャーム #キーホルダー #レジン

  • crocchaの作品画像

    #海の作品コンテスト2022 #ピアス #アクセサリー部 #販売中

  • crocchaの作品画像

    #キーホルダー
    小2の娘が、誕生日にプレゼントしてもらったレジンセットを使って作りました。
    正直想像以上に上手に作ったなぁと思います(*´꒳`*)
    (親バカ…)

  • crocchaの作品画像

    いろどろっぷのニュアンスカラーと
    ドライフラワーの組み合わせが
    とっても好きです🥰💕


    #海の作品コンテスト2022 #アクセサリー部 #ネックレス #ピアス #イヤリング #ヘアアクセサリー #UVレジン #作家のためのレジン

  • crocchaの作品画像

    つやつやドロップときらきらスパンコールのヘアゴムです✨

    #アクセサリー部 #ヘアアクセサリー #販売中 #ファンれぽ_partsclub

  • crocchaの作品画像

    #作家のためのレジン
    キュートコンビしか勝たん🫰🏻💕

  • crocchaの作品画像

    #作家のためのレジン

    【作家のあるある】(?)
    夏の終わりの頃になると安定して海塗りできるようになってくるけど、次の夏が来る頃には作り方を忘れてる🤣
    #アクセサリー部 #ヘアアクセサリー

TOP
閉じるボタン